2011年1月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:01 Jan 06 2011

2010年、腐敗と腐敗取り締まりのせめぎ合い

 省・部級官僚の相次ぐ腐敗摘発

 2010年の腐敗は2006年以来の3つの特徴を受け継いでいる。中国紙、中国青年報が伝えた。

 (1)腐敗摘発された官僚の地位が高い。2010年に摘発もしくは判決を受けた官僚のうち、省・部級の官僚は、内蒙古自治区政府の劉卓志副主席、中国核工業集団公司の康日新元総経理、天津市共産党委員会の皮黔生元常務委員、貴州省政府の黄瑶元主席、全国人民代表大会常務委員会予算工作委員会の朱志剛主任、最高人民法院の黄松有副院長など、多数に上る。

 (2)摘発または判決を受けた省・部級官僚の収賄額はいずれも500万元(約6200万円)以上と多額。中には広東省政治協商会議主席・陳紹基の収賄額2959万5千元(約3億7千万円)以上など、1千万元(約1億2千万円)を上回るものもある。

 (3)腐敗に群がる「寄生虫」現象が依然として深刻な問題になっている。広東省中山市の李啓紅元市長がインサイダー取引の疑いで逮捕された事件では、十数人が芋づる式に摘発され、うち5人が李元市長の妻や弟およびその嫁、妹など家族だった。

 「二世官僚」の相次ぐ出現

 2010年の腐敗はさらに4つの新たな特徴がみられる。

 (1)「ベスティング(年金受給権)」など、的を絞った腐敗の形態が新たに生まれた。「ベスティング」とは、処分を受けた埋め合わせとして、贈賄者が巨額の補償金を収賄者に支払うことをいい、こうした慰謝料のような形態は模倣性が強く、収賄の拡大を助長している。

 (2)「二世官僚」が相次いで出現した。中国政界の癒着や縁戚登用が近年深刻化しており、国家機関や各級の政府部門から高等学校、企業に至るまで、親子、夫婦、相婿など親族同士で役職を分け合う状況が散見している。二世官僚は近年の権力腐敗から生まれた副産物。

 (3)汚職、権利侵害、社会矛盾を激化する行為が出現した。

 (4)幹部層の意識改革が目立った。2010年、鎮守の社で市長が清廉潔白な官僚として称えられる「海瑞」を拝み、副市長が腐敗の撲滅を祈願するなど、神頼みや風水占いが一部の地域で流行した。これは腐敗現象ではないが、地域の幹部層の意識を反映している。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古