2011年1月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:12 Jan 06 2011

日本海上保安庁が警察権強化を決定

「体当たり停船」も許可

 日本の海上保安庁は3日、「海上警察権」の強化を決定した。同庁巡視船に一部「不審船」への威嚇射撃や現場での「拿捕」、さらには「体当たり」方式による強制停船も認める内容だ。また、海上自衛隊と「緊密な連絡体制」を築き、必要時には海上自衛隊艦艇による外国船「拿捕」を行なうとしている。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 海上保安庁を所管する馬淵澄夫国土交通相は、海上「警備」体制を強化するため、同省内に有識者会議を設置し、海上保安庁関連法の改正について議論し、最終的な改正案をとりまとめて1月下旬に国会に提出する方針も表明している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年1月6日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古