2011年1月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:32 Jan 07 2011

日本、沖ノ鳥岩に研究基地建設へ

 日本政府は海洋資源調査の拠点とするため、今年から沖ノ鳥岩(日本は「沖ノ鳥島」と呼ぶ)での施設建設に着手する。今後6年間に750億円を投じ、「沖ノ鳥島」の外側に海洋調査船など大型船舶が係留できる150-200メートルの埠頭を建設。北露岩との間に重機など車両が通行できる道路も建設する。周辺海域にレアメタルなどの資源が存在する可能性もあり、日本政府は今後調査に乗り出す計画だ。日本メディアが6日、伝えた。

 日本メディアによると今回の行動には「沖ノ鳥島」を中心とする半径200カイリ(約370キロ)、約40万平方キロの排他的経済水域(EEZ)の探査・開発権を示す狙いがある。

 国連海洋法条約121条は「島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面にあるものをいう」「人間の居住又は独自の経済生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない」と定めている。沖ノ鳥岩は実際には、満潮時はマットレス大程度の岩が2つ水面に露出しているだけで、誰も居住しておらず、ましてや独自の経済活動を維持することなどできない。

 中国政府は「中日双方は沖ノ鳥岩の海域の性質と範囲について認識が異なる。双方は友好的協議を通じて、このことからくる問題を適切に処理すべきだ」と繰り返し表明している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年1月7日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古