2011年1月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:02 Jan 18 2011

ゲーツ長官が訪中 中米軍事交流に正常化の見込み

 ゲーツ米国防長官が9日夜に北京入りした。新年早々のゲーツ長官の訪中は冷え込んだ中米両軍関係の改善にとってチャンスだ。一方で世論は、両軍関係改善のプラスのシグナルではあっても、両国の軍事関係は敏感かつ脆弱であり、1回の訪問に全ての問題の解決を期待することはできないと見ている。新華社が伝えた。

 4日間の滞在中、ゲーツ長官は中国側指導者と会談。中国国防部長とも会談し、世界や地域の安全保障情勢、両国・両軍関係、その他共通関心事について幅広く、踏み込んで意見交換する。

 ■ハイレベル交流再開は対立や溝の回避ではない

 アナリストは、中米軍事交流の主たる障害はまだ残っており、両軍関係の改善は決して重大な問題における対立や溝の解決を意味するものではないと指摘する。双方間の溝を1回の訪問で埋めるのは困難だ。

 中国側は、米側による台湾への武器輸出、議会による両軍交流の制限法案、米艦艇・航空機による中国の排他的経済水域(EEZ)内での頻繁な接近偵察が、中米両軍の相互信頼の構築や協力発展における主たる障害だと考えている。

 現在両軍関係は修復への新たなスタートに立っているが、対米軍事交流の再開は決して両軍関係の発展における障害が除去されたことを意味するものではなく、対立の効果的解決を促すためのものだ、と羅援氏は指摘する。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古