2011年1月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:14 Jan 12 2011

韓日、軍事協力協定締結について具体的に協議

 韓国の金寛鎮国防相は10日午後、日本の北沢俊美防衛相と韓国国防省で会談し、軍事分野の協力協定の締結について共通認識にいたった。

 韓国国防省の発表によると、韓日双方は各分野での両軍関係のたゆまぬ進展を高く評価するとともに、双方の軍事交流・協力の一層の強化で一致。双方は物品役務相互提供協定の締結について具体的に協議した。これは国連平和維持活動(PKO)や人道支援、救難援助の際に、物資、食料、燃料などを相互に支援できるようにするものだ。また、軍事情報共有の重要性で一致。軍事情報包括保護協定の締結を推進する方針を表明した。

 韓国国防省筋によると、物品役務相互提供協定に関する双方の合意は現在のところ、人道支援分野などに限られている。また、軍事情報協力は敏感な分野であるため、国民の感情に配慮して段階的に協議を進める方針だ。協力内容には朝鮮の核兵器や大量破壊兵器に関する情報の共有が含まれる。

 双方は「天安」号事件、延坪島炮撃事件、地域の安全保障情勢についても踏み込んで意見交換した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年1月11日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古