2011年1月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:58 Jan 18 2011

自信に満ちて迎える中米関係の歴史的チャンス

 胡錦濤国家主席は数日後、国賓として米国を訪問する。中国の国家主席による新年初の外遊であり、中米両国の元首は21世紀の第2の10年間の最初の月に再び握手を交わすことになる。

 中米が改めて交流の扉を開いてからの40年間を振り返ると、両国首脳の会談には毎回大きな歴史的意義があった。両国首脳の交流は毎回両国関係の発展を導き、推進し、全世界に広範な影響を与えてきた。中米関係はすでに現代世界における最も重要で、最も活力と発展性のある2国間関係の1つとなっている。現在中米関係は新たな発展のチャンスを迎え、新たな歴史的出発点に立とうとしている。中米という2つの大国がどう付き合うかは、世界構造の変化に影響を与える重要な要素だ。

 「胡錦濤主席の今回の訪米は時機も良く、重大な意義を持つ」「良好で成功した米中関係は米国と世界にとって重要だ。全力で両国の協力分野を拡大し、協力水準を高め、グローバルな試練に共同で対処し、積極的・協力的・包括的な米中関係を発展させ、両国民および国際社会に幸福をもたらすべく中国側と共に努力したい」ーー。オバマ大統領は数日前、胡主席訪米への期待と対中関係発展への意欲を表明した。

 「米中両国は新たな国家関係のモデルを創出するために尽力すべきだ。このモデルは両国間に建設的な協力関係を築くことで、世界に対する両国の約束を果たすものだ」ーー。ブレジンスキー・元米大統領補佐官(国家安全保障担当)のこの言葉は、大国の協力、大国の役割、大国の責任という国際社会の考えを反映している。

 多くの国際問題ウォッチャーが指摘するように、胡主席の訪米への世界の注目は、中米関係の発展の成果と将来の行方への注目であり、中米双方が歴史的好機をどう捉え、両国関係を新たな段階へ押し上げるかへの注目であり、中米関係の新たな発展が世界にどのような新たなチャンスをもたらすかへの注目でもある。

 中米関係の発展はすでに両国間の範疇を超え、世界全体に影響を与えるようになっている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古