2011年1月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:21 Jan 14 2011

日本防衛相、周辺事態法改正に意欲

 日本の北沢俊美防衛相は12日、東京都内で講演し、朝鮮半島有事を想定して、自衛隊による米軍への支援提供の協調性を高める必要性を指摘するとともに、周辺事態法改正への意欲を表明した。具体的な改正内容については触れなかったが、補給や輸送など「後方地域支援」が念頭にあるようだ。

 共同通信によると北沢防衛相は、朝鮮半島有事の際に在留日本人を保護する方法についても検討する必要性を指摘。米軍への支援について「効果的な支援方法などを含め、制度面の検討を深めることがわが国の安全保障にとって重要な課題だ」と強調した。周辺事態法は日本の周辺地域で平和と安全に重大な影響を与える事態が生じた際の、自衛隊による米軍の作戦への支援内容を定めている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年1月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古