2011年1月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:26 Jan 19 2011

日本、次期主力戦闘機の配備を急ぎ

米側にF35技術情報提供を求める

 日米両国はこのほど、F35戦闘機の性能情報の秘密保全に関する交換公文に署名した。航空自衛隊の次期主力戦闘機としてF35が選定される可能性が一層高まった。「中国青年報」が伝えた。

 共同通信は18日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)選定で、日本の前原誠司外相とルース駐日米大使がF35戦闘機の性能情報の秘密保全に関する交換公文に署名したと報じた。

 F35戦闘機は米国、英国、イタリアなど9カ国が共同開発。レーダーに捕捉されにくい超ステルス性と超音速巡行能力を備える。

 F35戦闘機は航空自衛隊の次期主力戦闘機の最有力候補とされている。このため日本側は高度な軍事・技術機密に当たるF35の技術・性能情報の提供を米側に求めている。

 日本外務省筋によると米側は日本に「情報の厳格管理」を求めており、日本側は交換公文でこれに応じた。

 米側に情報提供料を支払うため、防衛省は2011年度予算案で約6億円の調査費を計上している。F35戦闘機は開発国への配備が優先されるため、日本への配備がいつになるかはまだ確定していない。

 日本防衛省は今月7日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の機種を年内に選定すべく、内局と航空幕僚監部などの課長級による「次期戦闘機IPT(統合プロジェクトチーム)」を発足させた。性能や仕様に関する要求書を春までにまとめ、開発メーカーに提示。比較検討した上で機種を選定し、2012年度予算案に調達関連経費を計上する方針だ。

 現在、比較対象機種は3機種あり、最有力機種は米英など9カ国が共同開発するF35。ほかに欧州諸国の共同開発した「ユーロファイター」と米国の「FA18」がある。防衛省はF35戦闘機を40機近く調達する見通しだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年1月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古