2011年1月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:02 Jan 26 2011

中日安保対話 日本の南西諸島防衛強化に中国が懸念

 中日両国の外交、防衛当局による第12回中日安全保障対話が20日、北京で開かれ、中国側は日本政府が新たな「防衛計画の大綱」で、南西諸島の防衛強化を打ち出したことに懸念を表明した。これに対し、日本側は「専守防衛の基本方針は変わらない。防衛のパワーバランスを維持するためだ」などと説明した。『重慶晩報』が伝えた。

 ▽本土防衛力の削減

 日本の内閣は新「防衛計画の大綱」を正式に採択した。新大綱は、日本は本土の防衛力を削減し、「南西海域」の防衛強化に力を入れると強調した。

 日本の安住淳防衛副大臣は取材に対し、「以前と比べ、新防衛大綱の最も大きな変化は防衛の重点を北方から南方に移し、南西諸島の防衛強化を重視することだ」と説明。新たな防衛の重点は資源の再分配を踏まえ、ソ連の大規模な侵入に備えて北海道などに配備していた戦車やその他の部隊を移動することを意味する。

 日本の時事通信によれば、「南西海域」の防衛予算を増やすため、新防衛大綱は、陸上自衛隊の戦車を従来の600台から400両、大砲も現在の600門から400門にそれぞれ削減するなど一連の装備調整を行うことを決定した。

 海上防衛について、日本は少なくとも6隻の弾道ミサイル迎撃能力を有したイージス艦を配備すると同時に潜水艦部隊の規模を16隻から22隻、護衛艦を47隻から48隻に拡大。空中防衛については、輸送機に大型化にともない、主な戦闘用航空機を340機前後に維持する。

 ▽中国に対する「注意」が「警戒・監視」へ

 新防衛大綱は、日本政府は「周辺海域に対する主権主張」の強化を明記するとともに、2004年には「中国の動向に厳密に注意する」だった説明が「中国の動向に対して警戒・監視する」に変わった。

 特に注意したいのは、日本はさらに韓国と情報共有し、中国の軍事情報収集を強化する計画だ。仏ラジオ局が日本の防衛省担当官の話として伝えたところによると、日本は韓国と「軍事情報保護協定」を結ぶ方向で協議を始めたという。両国は「同一の地域で、同じく安全面で脅威を感じる状況下」にあって情報を共有し、中国と朝鮮の軍事情報収集機能を強化する考えだ。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年1月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古