2011年1月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Jan 28 2011

米F35戦闘機:問題続きで身動きの取れなくなる日英

空中給油テスト中のF35ステルス戦闘機(左下)

 F35戦闘機の度重なる開発の遅れによって、すでに米国とその同盟国は気まずい立場に陥っている。米「ディフェンスニュース」電子版はこのほど、F35「ライトニング」ステルス戦闘機に操縦制御、航空電子システム、アフターバーナー、頭部搭載ディスプレーなど多くの面で未公表の問題があるとの米国防総省の報告を伝えた。日本、英国、カナダなどの同盟国も同様にF35に煩わされている。カナダ紙「ザ・トロント・サン」(21日付)は「たとえ中国が『殲20』ステルス戦闘機を開発しても、F35がカナダ空軍にとって必然的な選択肢であるとは限らない」と指摘した。「国際在線」が伝えた。

 ■「ライトニング」が「カタツムリ」に

 F35プロジェクトには当初、空軍用のAタイプ、海兵隊用のBタイプ、海軍用のCタイプの3タイプがあった。米国はこれまでF117やF22などのステルス戦闘機の開発に成功しているが、F35を「万能ステルス戦闘機」にする構想は、やはり厳しい試練に直面した。「ディフェンスニュース」は「空軍用F35Aと海兵隊用F35Bの中間AOAテスト飛行で、予測されたサイドスリップよりも大きな主翼のロールオフが遷音速時に生じた。一部部品も予測された信頼性に達していない」「それだけでなく、F35に搭載される米プラット・アンドホイットニー社製F135エンジンには気流の分裂が激しい震動を引き起こすアフターバーナー『スクリーチ』を起こし、最大出力に達する上で障害となっている」「報告書は発火・爆発防止用の燃料タンクの不活性ガス発生システムの再設計も求めた」と伝えた。すでに何度も試験飛行を行なったF35だが、サブシステムにはなお多くの問題のあることがわかる。

 3タイプのうち、海兵隊用F35Bが技術的難度が最も高く、必然的に問題も最も多い。過去1年間にゲーツ米国防長官はすでに2回、F35計画の調整を指示している。F35AとF35Cの開発は比較的順調だが、F35Bの問題は一向に解決されない。F35Bは構造と推進システムに改良が必要だが、そうすると機体の重量が増え、生産コストも上昇する。

 米紙「エイビエイション・インターナショナル・ニュース」電子版(21日付)は「米国防総省の意向でメーカーのロッキード・マーティン社はF35Bの欠陥を改善するために2年間の時間を与えられる。改善できなければ同タイプの最終審査通過は困難だ」と伝えた。

 外部からは「米国はF35の開発時に自信に満ちた様子を見せて多くの同盟国を引きつけ、多額の資金も集めた。だが過度に完全を求めることで、計画全体の遅れを招いている。特に米国はこれまで垂直・短距離離着陸戦闘機を設計したことがないのだから、F35Bの開発スピードが計画全体の足を引っ張っているのも不思議ではない」との声が上がっている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古