2011年1月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:01 Jan 28 2011

オバマ大統領一般教書演説:日本への言及がなく、日本政界に衝撃

 オバマ米大統領が25日に行なった一般教書演説で一言も日本に触れなかったことに、日本の政府と政界は極めて大きな衝撃を受けている。時事通信は26日、ワシントン発の記事で「中国やインドが台頭する中、世界経済における日本の地盤沈下がはっきりと示された」と報じた。「日本新聞網」が伝えた。

 オバマ大統領は演説で中国やインドの競争力を繰り返し強調。「世界最速のスーパーコンピューター」「世界最大の民間太陽エネルギー研究施設」「高速鉄道の製造」を挙げ、すでに中国が米国にとって経済と科学技術面で最大の競争相手になっているとの認識を明確にした。

 オバマ大統領は韓国についても大いに称賛し「教育立国の国で、教師が国家の基盤とされている」と指摘。韓国との自由貿易協定(FTA)によって米国の7万人の雇用が支えられたことに感謝の意を表した。

 だがオバマ大統領は日本については一言も触れず、米国との最強の同盟関係の構築を再三強調している日本は落胆を深める結果となった。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年1月28日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古