2011年1月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:07 Jan 31 2011

6カ国協議再開の機は熟した

 朝鮮半島にとって昨年は多難の時期であったと言えよう。「天安」事件によってもたらされた朝鮮半島情勢の緊張は、南北の海上交戦事件によってさらに高まり、「衝突」「対立」「挑発」という不協和音が朝鮮半島のキーワードとなっり、北東アジア全体が焦臭くなった。一連の軍事活動の煽りを受け、緊張は螺旋状に高まり、戦争の瀬戸際まで追いやられるところだった。「光明日報」が伝えた。

 朝鮮半島情勢の持続的な緊張は6カ国協議のプロセスにも回避しがたい悪影響をもたらした。08年12月の首席代表会合以降、各国は調整を繰り返してきたが、結局は相互信頼の不足と対立の深さのために、6カ国協議を再開して互いの懸念を解決し、具体的な合意を得ることができなかった。協議再開への力は及ばず、停滞状態が続いた。

 朝鮮半島の核問題の解決には数々の困難がつきまとう。これは確かに事実だ。だが困難を理由に話し合いを避けることはできない。6カ国協議が停滞し続ければ、各国は勝手に行動し、次第に遠ざかるのみだ。その結果は決してウィンウィンではなく、共倒れだ。関係各国がテーブルに着き、関心を共有する問題について誠意ある意見交換をして初めて、相互理解を深め、相互信頼を徐々に築き、さらに共通認識を積み重ね、適切な解決策を見出すことができる。必要なのは対立ではなく対話だ。対峙ではなく和解だ。戦争ではなく平和だ。これは朝鮮半島とこの地域の人々の切なる願いであり、国際社会の普遍的な期待であり、平和と発展という時代の潮流にも合致する。各国が共同で努力すべき方向はこれだ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古