2011年2月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:10 Feb 17 2011

J20の初飛行を生中継した中国の軍事マニア

日本マニアとの違いは
戦闘機「J20」のイメージ図

 数多くの中国の軍事マニアたちにとって最も忘れがたいのは、1ヶ月前のJ20飛行試験の一幕である。昨年末から今年の1月11日までの間、十数日間に渡るリアルタイムの「中国ステルス戦闘機初飛行」が中国の軍事マニアによって初めて世界に公開された。中国軍事力の動向に関心の高い各国の専門家たちはみな、中国の軍事マニアが放出するこれらの情報の中からJ20の最新情報を探っており、その数と力が急激に増大している中国の軍事マニア達は、西側諸国や日本、インド等の隣国から多大な注目を集め始めている。『Jane's Defence Weekly』の編集長も、中国の軍事マニアたちのブログや関連軍事サイトは、中国の軍事的発展を察知するための重要なルートであると認めている。同じような熱心な軍事マニア集団は、多くの国に存在する。米国の次世代スペースシャトルの秘密軌道試験をいち早く世に知らしめたのも、米国の軍事マニアだった。日本の軍事マニアは、よく政府や軍の研究討論会に招かれる。しかし、中国の軍事マニア集団に対しては、外界からの憶測が絶えない。中国が、軍事マニアを利用して故意に軍事情報を「漏洩」したという者もいれば、軍事マニアの激増は、中国社会の「民族主義」と「伝統的武力崇拝」の激化を意味すると吹聴する者もいる。これに対し、中国の軍事マニアと軍事専門家は次のように反応している。国防に対する民衆の関心を養うことは正しく、広く提唱すべきである。中国の軍事マニアと中国軍との相互作用は好ましいことであり、外界の過敏な反応は全く必要ない。

 中国軍事マニアが考案したJ20の愛称を『Jane's Defence Weekly』が掲載

[1] [2] [3] [4] [5]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古