2011年2月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:06 Feb 28 2011

中国民衆、「両会」に汚職対策の推進を期待

 第11期全人代・第4回会議と第11期全国政協・第4回会議(両会)が3月初めに北京で開会する。大手中国メディアのオンライン世論調査では、依然として「反腐倡廉」(腐敗・汚職に反対し、清廉を唱える)が両会への最大関心事の1つに挙げられている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 人民網の世論調査では「反腐倡廉」は「社会保障」「公正な司法」「個人所得」に続き高い関心を集めた。新華網の掲示板では5万人を超えるネット利用者が「反腐倡廉」への関心を表明。「反腐」は数年続けて、民衆の間で最も注目される両会キーワードの1つとなった。

 汚職が一部の地方で蔓延し、経済成長を妨げ、社会の安定に影響を及ぼし、人々と幹部との関係を破壊しているとの認識で人々は一致している。第12次五カ年計画(2011-15年)の経済・社会発展目標を達成するうえで、「反腐倡廉」は非常に重要な要素だ。

 「汚職は社会の各方面に浸透することで、一般庶民の仕事や生活に影響を与えている。両会は民意を反映する場であり、民衆はこの開かれた場を借りて反腐敗を促し、懸念を共有する問題が解決されることを望んでいる」と、清華大学公共管理学院廉政治理研究センターの任建明主任は言う。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古