2011年2月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:17 Feb 28 2011

中国の今後5年間の発展の青写真を描く両会

 第11期全人代・第4回会議と第11期全国政協・第4回会議(全国両会)が3月初めに北京で開幕する。今回の両会では定例の「一府両院」活動報告と常務委員会活動報告の審議だけでなく、第12次五カ年計画(2011-15年)綱要の審査・承認も重要議題となる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 第12次五カ年計画綱要は第12次五カ年計画期間の経済・社会発展の主要目標、戦略的重点、重要措置を定め、中国の今後5年間の発展の青写真を描くものだ。

 中国は1953年から現在までに11の「五カ年計画」を策定・実施してきた。これら五カ年計画の実施によって中国は世界が注目する成果を上げてきた。昨年までの第11次五カ年計画期間、中国のGDPは年10%以上の成長を見せた。昨年のGDPは39兆7983億元(10.3%増)で、日本を抜いて世界第2の経済大国となった。

 中国の経済・社会発展の新たな5年間である第12次五カ年計画期間は、世界金融危機後の世界の経済構造を再築する要の時期、試練とチャンスの併存する要の時期、2020年までの小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的建設を確保する要の時期にあたる。不安定な国際情勢の中、中国がどのように発展するかに一層の注目が集まっている。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古