2011年2月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:10 Feb 28 2011

温家宝総理がネット利用者と対話、20余りの質問に回答

 全国両会(全人代と全国政協の両会議)の開催が近づく中、温家宝総理(中共中央政治局常務委員)は27日午前に中国政府網と新華網を訪れ、インターネットのユーザーとネット上で対話した。温総理とネット利用者との対話は3年続けて行われている。温総理は「第12次五カ年計画期間中、われわれは社会の一層の発展・進歩を図り、国の経済と民生に関する重大な問題の一層の改善を進め、人民がくつろぎ、落着き、安心して生活し、未来を信じることができるようにしなければならない」と強調した。

 対話は9時ちょうどに開始。温総理は「ネット利用者との最初の対話では少し緊張し、2回目はとても大切に感じた。今回は責任重大だと感じている。私の任期はあと2年だ。謹んで職責を果たし、人民とともに困難を克服し、国家をさらに繁栄させなければならない」と述べた。

 庶民の幸福感について

 今年は第12次五カ年計画の始まる年だ。「今後5年間で庶民の幸福感を高めるために、政府はどのようなことを考えているか」とのネット利用者の質問に、温総理は「われわれが経済を発展させる目的は、日増しに高まる人々の物質的・文化的需要を満たすこと、つまり庶民の生活の改善にある。第12次五カ年計画で、われわれは民生を特に強調し、これを計画の出発点および着地点としている」と述べた。

 物価の安定について

 物価安定に関する質問に温総理は「物価は国家の発展に影響し、大衆の生活に関わる。党と政府は物価安定を経済政策上の重大事としている。現在必要なのは第1に通貨の流動性の制御、第2に農業を始めとする生産の発展、第3にしっかりとした流通、第4に市場をうまく管理し、買いだめ投機や物価つり上げを取り締まることだ。これらの措置を揺るがず実施しさえすれば、必ずインフレ期待をうまく管理することができる」と答えた。

[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古