2011年2月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:44 Feb 28 2011

リビア問題で安保理が決議採択

----暴力の即時停止が喫緊の課題

 国連安全保障理事会は26日にリビア問題に関する決議を全会一致で採択し、リビア情勢への深刻な懸念を表明するとともに、リビアへの武器輸出禁止、最高指導者カダフィ大佐とその家族の国外渡航禁止、カダフィ大佐と関係者の海外資産凍結を決定した。

 中国の李保東国連大使は決議採択後「この過程においては、リビア在留各国民の安全と利益を確保することが必要だ」「現在のリビアの極めて特殊な状況とアラブおよびアフリカ諸国の懸念や主張を考慮し、中国代表団は決議第1970号に賛成票を投じた」と述べた。

 李大使は「中国は動揺するリビア情勢を強く気にかけている。喫緊の課題は暴力を即時停止し、さらなる流血と市民の死傷を回避し、社会の安定と正常な秩序を速やかに回復し、対話など平和的手段を通じて目下の危機を解決することだ」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年2月28日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古