2011年3月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:39 Mar 01 2011

日ロ間で方針の異なる領土係争

ロシアは武力強化、日本は投資協力を検討
ロシアの最新鋭戦略原潜

 日ロ間の領土係争は長引くばかりで緩和の見通しは全く立っていないが、両国の姿勢には変化が生じつつある。「人民日報海外版」が伝えた。

 ■武力が支えるロシアの強硬姿勢

 ロシアのセルジュコフ国防相は26日、第18機関銃砲兵師団を南クリル諸島(日本名:北方四島)のクナシル島とイトゥルップ島(同:国後島と択捉島)に駐留する方針を表明した。兵員数は削減されるが、最新の兵器や通信システムの配備によって作戦能力は強化される。

 AFP通信によるとロシア軍高官は日本と係争を抱える南クリル諸島を防衛するため、フランス製の「ミストラル」級強襲揚陸艦2隻を太平洋海域に派遣する見通しを示した。

 別の情報によるとロシアは日本との係争海域における海軍力の優勢を確保するため、最新鋭戦略原潜1隻目をまず太平洋艦隊に配備する方針だ。

 メドベージェフ大統領は同地域の防衛力強化を誓う声明を発表しており、計画は近く実行されると見られる。専門家からは、これは日本政府の怒りを買い、敵対行動と見なされるだろうとの声も上がる。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古