2011年3月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:43 Mar 04 2011

日本の精鋭戦闘機、東中国海上空で中国を監視

F15戦闘機

 米紙ニューヨーク・タイムズの電子版は2月28日、「片目で中国を監視、日本は軍事力を強化?」と題する文章を発表した。内容は次の通り。

 沖縄の飛行場は米国が冷戦時代に建設したものだ。しかし今や飛行場の戦闘機についているのは日本の国旗だ。

 日本のF15戦闘機は現在、急速に近代化している中国との間で繰り広げられる東中国海のことで忙しく、「猫とネズミの追いかけっこ」で時に緊張感が漂っている。

 戦闘機24機を有する那覇中隊の山田司指揮官は「空中で中国のロシア製スホーイ27に対抗するときには決して油断できない」と話す。

 同隊はまもなく援軍が得られる。昨年12月、東京は那覇に12機のF15戦闘機を増やすなど沖縄西南部の軍事力増強計画を発表した。これは日本の中国に対する防衛強化の重要な転換のひとつといえる。日本の戦後の軍事戦略で最も重大な転換だという声もある。

 この戦略転換は限られた軍事力の拡大をねらう日本の別の一歩でもある。日本は経済力が衰退する中で、反戦を謳う憲法の境界を越えずにアジアで変化している力のバランスになんとか追いつこうとしている。日本はその軍事力を少しずつ増強して勢い込んだ中国や核兵器をもつ朝鮮に対応し、米国の影から抜け出る第一歩をためらいながら踏み出そうとしていると政治専門家は指摘する。米国は日本の戦後の保護国だったが、米国が日本を守る意志や能力を失う日が訪れるのはないかと日本人の多くは心配している。

 慶応大学国際政治学の細谷久一教授は「そのことで日本は苦しく自己反省している。日本は現在、中国の力拡大という現実と米国の約束に対する疑いとの間で進退窮まっている」と語る。

 マサチューセッツ工科大学の日本の安全保障問題の専門家であるリチャード・J・サミュエルズ教授は「日本は同盟国としての力を固めると同時に、米国の能力が約束の日まで続かないのではないかと警戒している」と指摘する。

 日本の新戦略の目標の一つに、軍事影響力を際立たせ、中国が日本の制水域にアンテナを広げてくるのを打ち消す努力をするというのがある。日本はアジアで最も先進的な軍事力とアジア最大の海軍を有しているが、日本は20世紀初頭の帝国拡大時期に被害を与えた隣国が脅威を抱かないようこれまで慎重に事を行い、自衛隊と遠まわしに呼ばれる軍隊に控え目な態度を取らせてきた。

 現在、日本の隣国の一部はより影響力の大きい日本の軍隊を受け入れる態度を取っている。日本の新戦略が韓国で激しく反対されることはなかった。韓国は今や朝鮮や中国を日本より大きな脅威と見なしている。

 日本の海上自衛隊は現在、中日が争う海域で定期空中パトロールを行っている。昨年4月、日本海軍は沖縄付近の海域で10隻の軍艦からなる中国艦隊を監視した。

 日本の海上自衛隊航空兵の高橋直義指揮官は「中国海軍のわれわれの領域での活動が極めて増加している」と話す。

 沖縄やその附近の島嶼の軍事力を増強するため、自衛隊はレーダー基地や対ミサイルシステムの建設を進めている。2年前、東京はF15戦闘機を、那覇空軍基地でベトナム戦争のときに使われた旧式のF4戦闘機と交代させ、日本で最も優秀な軍官を那覇基地の指揮に派遣している。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年3月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古