2011年3月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:44 Mar 10 2011

第11期全国政協・第4回会議、第3回全体会議を開催

 第11期全国政協・第3回会議は9日午前、第3回全体会議を人民大会堂で開いた。社会事業拠出の拡大、食品の安全性の保障、社会管理の革新などについて、政協委員16人が大会発言を行った。賈慶林・全国政協主席(中共中央政治局常務委員)も出席した。

 張大寧委員は全国政協教育・科学・文化・衛生・スポーツ委員会を代表して「わが国の社会事業は長年、経済建設に後れをとってきた。各レベルの政府は拠出拡大と公共サービス制度の改革・革新を結びつけ、良い事業や具体的な事業をしっかりと行い、大衆により多くの実益をもたらさなければならない」と指摘した。

 劉佩智委員は「食品の安全性を的確に保障し、人民が安全に、安心して食品を食べられるようにしなければならない」と指摘。源からの管理の強化、産業政策の実施、制度整備、世論による監督の推進などを提言した。

 邵秉仁委員は全国政協人口・資源・環境委員会を代表して「新エネルギーの発展を加速するには、あらかじめ計画が必要だ」と指摘。省エネ・排出削減の優先、電力体制改革の推進など5つの提言を行った。

 陳凌孚委員は「就学前教育を加速するには、民生の発展におけるその位置づけを一層高め、財政拠出を一層拡大し、幼稚園教諭の資質を高め、質の評価を厳しく行うことが必要だ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年3月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古