2011年3月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:41 Mar 10 2011

カナダ人学者:安定は中国の発展にとって前提条件

 カナダ・カールトン大学の国際関係大学院は同国の外交官の多くを輩出し、外交官の揺りかごと呼ばれている。現院長のハンプトン氏はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学び、米ハーバード大で博士号を取得。学界で卓越した名声を誇る。

 ハンプトン氏は人民日報の記者と会うなり、3万6000人近いリビア在留国民を極めて短期間に無事避難させた中国政府の壮挙について「余りにも素晴らしい!」と称賛の言葉を連ねた。

 現在開催中の両会と第12次五カ年計画について、ハンプトン氏は「中国が経済成長パターンの転換の加速を決定したことは、中国のみならず世界にとっても重要な意義と影響力を持つ。中国は現在、世界第2の経済大国であり、国際社会において一挙一動が全局面を左右する重みを持つ。中国のこの転換は当然、幅広く注目される」と指摘した。

 ハンプトン氏は農民の収入増加によって国内需要を牽引することが、中国にとって特に重要だと考えている。ハンプトン氏は中国を訪問したことがあり、今年6月にも再び訪れる予定だ。ハンプトン氏は「私は並行して発展する2つの中国を見た。1つは東部沿海地区および北京や上海などの大都市に代表される中国だ。その近代化水準の高さやインフラの先進性はカナダや米国の一部の都市を上回ってすらいる。もう1つは、相対的に立ち後れた農村と農業に代表される中国だ。中国は人口が多いため、こうした現象の存在ももちろん理解できる。農民の収入を増加させる1つの重要な道は、農業投資を拡大するとともに、農民に補助金を給付することだ」と述べた。

 ハンプトン氏は中国経済の持続的な発展を信じ、積極的な見解を持っているが、中国が今後直面する2つの試練についても指摘した。その1つが高齢化だ。ハンプトン氏は「カナダにも同じ問題はあるが、カナダは移民国家なので、直接若い移民を受け入れることで問題を解決できる。だが中国は違う」と指摘した。もう1つの試練は社会安定の確保だ。「中国が発展するには、安定が前提条件となる」??。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年3月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古