2011年3月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:24 Mar 11 2011

第11期全人代・第4回会議、議案数は昨年比12.5%増

 第11期全人代・第4回会議秘書処議案チームを統括する何曄暉氏は9日、全人代代表が大会秘書処に提出した議案が同日正午時点で、昨年比12.5%増の560件余りに上ることを明らかにした。提言や意見は2960件以上に上るという。

 何氏によると、今年の代表議案には顕著な特徴が3つある。

 (1)会議前に代表が調査研究、座談会、取材などを通じて提出した議案が80%前後にまで増えた。

 (2)民生保障・改善面の議案が比較的多く、全体の20%前後を占めた。

 (3)法律の改正・整備がより重視されるようになり、関連議案は法案全体の60%以上を占めた。

 何氏は「全体的に見て本大会の代表議案は質が高い。過去3年間の経験を経て代表の資質と能力が向上したことを示すものだ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年3月11日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古