2011年3月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:01 Mar 12 2011

中国最高検、犯罪容疑者の起訴数91万6千人超 2010年

 最高人民検察院(最高検に相当)の曹建明院長(検察総長)は11日午後、第11期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)第4回会議の第3回全体会議で、検察院活動報告を行った。

 曹院長によると、人民検察院は2010年、各種の刑事犯罪を法に基づき取り締まり、通年で犯罪容疑者91万6209人(前年比2.6%減)を起訴した。起訴数は114万8409人(同1.2%増)。反浸透、反転覆、反分裂活動を幅広く展開し、国家の安全を脅かす犯罪を断固として取り締まった。学校、幼稚園および周辺の治安秩序の維持に積極的に参加し、幼稚園児や学校の児童・生徒および教職員に危害を加える犯罪を厳しく取り締まった。▽マフィア・汚職官僚取り締まり▽銃器・爆発物がらみの犯罪取り締まり▽ポルノ一掃と非合法出版物取り締まり--などの取り組みを関連部門と行い、深刻な刑事犯罪を抑制することで、国民の安心感を高めた。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年3月12日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古