2011年3月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:38 Mar 14 2011

天災を前に苦難を分かち合う中日 (2)

 M9.0の巨大地震が発生したのは日本だが、億万の中国人の心にも影響を及ぼした。被害の深刻な仙台市はかつて魯迅が留学した都市で、仙台市を含む宮城県内には現在3万人以上の中国人が住んでいる。巨大な自然災害を前に民族に関係なく救助し合い、国籍に関係なくケアし合うのは、この世の大愛、大義だ。震災との戦いと救援活動の過程において、われわれは在日中国同胞に、自らの安全を確保すると同時に、ボランティア精神を発揚して、援助を必要としている周囲の日本の友人1人1人を助けるよう心から望む。

 天災は非情だが、人には情がある。苦しいときにこそ、真の情がわかる。地震、津波、土石流は非情で、人類が共通して直面する確かな脅威だ。中日両国の経済関係は緊密で、依存し合っている。日本の工場で何らかの部品が震災で生産停止に追い込まれれば、中国の企業・産業チェーンの正常な運行にも影響が及ぶ可能性がある。地震や津波の災害を前に、中日両国民は心をつなぎ、手をつなぎ、苦難を分かち合い、震災に共に立ち向かい、できる限り被災者の命を救い、正常な生産・生産秩序の回復に努めなければならない。

 余震は現在も続き、震災との戦い、被災者の救援が日本全体の最優先課題となっている。各与野党はすでに一時的な「政治休戦」の意向を表明している。菅直人内閣は震災との戦い、被災者の救援を指導する重任を担っている。混乱もせず整然とした秩序を保って震災に対処する日本国民の姿は、われわれに深い感銘を与えた。中国にとって地震対策、救援方面で日本の長所は参考にすべきものだ。日本政府には国民を導いて震災に打ち勝つ能力があり、強靱で勤勉な日本人は必ず故郷を再建することができると、われわれは信じている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年3月14日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古