2011年3月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:11 Mar 22 2011

福島原発:菅直人首相「進展」を認める

 日本の福島第1原発は21日、2号機と5号機の電源接続に続き、1号機と6号機も外部電源とつながれた。他の原子炉も近く外部電源とつながり、冷却システムを再稼働できる見込みだ。これについて菅直人首相は状況は徐々に進展しているとの見解を示した。

 枝野幸男内閣官房長官は同日の記者会見で、原子炉の建物内にはさまざまな可燃物があると指摘し、「原子炉に問題が生じたと断定することはできない」と述べた。東京電力は、3号機から煙が上がった後、放射線量にほとんど変化はなく、原子炉格納容器の圧力にも特段の変化はないとしている。

 2号機の建物からも同日白煙が上ったが、東京電力はすでにこれが水蒸気で、炉心や燃料プールからのものではないことを確認している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年3月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古