2011年3月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:23 Mar 24 2011

リビア空爆--先陣を務めたフランスの難題

 フランス軍の戦闘機が19日にリビア空爆の第一撃を行ったことに、世界はすぐさま注目した。フランスは先陣を務めることで指導的役割を示そうとした。だがこの図式は3日ももたず、フランス、英国、米国の多国籍部隊によるリビアへの攻撃は指導者を欠き、互いに従わないという実態がすぐに明らかになった。21日にブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で溝はさらに明らかになった。多くの国々はフランス主導ではなく、NATOが指揮権を掌握することを求めたのだ。

 コソボ、アフガニスタン、イラクでの戦争はいずれもNATOまたは米国が指揮した。今回米国は中心的役割を担わないことを再三表明している。フランスはNATOに総指揮権を移行することを明確に拒絶している。このためこの軍事介入にはフランスの「ハルマッタン」、英国の「エラミー」、米国の「オデッセイの夜明け」という複数の作戦名がつけられている。欧州の軍事アナリストは「特に戦略レベルで米国が指揮権を他国に移譲したことはない。今回はいつもと違う。これは示唆に富むものだ」と指摘する。

 NATO加盟国から指揮権移行の巨大な圧力を受けながらも、フランスのジュペ外相は「今回の軍事行動をNATOが指揮すれば、アラブ諸国から必ず非難が上がる。多国籍部隊から撤退するアラブ諸国も出るだろう」と強調する。

 なぜフランスは指揮権を獲得し、今回の軍事行動を主導しようと躍起になるのか。

 第1に、リビア動乱の早いうちからフランスは反対派組織「リビア全国委員会」を「リビア国民を代表する唯一の合法機関」として承認した。今回の戦争をリードして最後まで導かなければ、リビアにおける利益が大きく損なわれてしまう。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古