2011年3月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:38 Mar 25 2011

日本は同時多発災害の復興で「第3の奇跡」を起こせるか

 過去20年間、日本経済は全体的に不景気で、政治も安定せず、社会は保守的になり、日本の識者は日本を再興するため国民に危機感を促してきたが、その効果はあまりみられなかった。ところがマグニチュード9.0の地震と大津波、原発事故が日本人に現実的な危機をもたらしたことは言うまでもない。このことが日本を全面的に変える歴史的出来事、さらには19世紀に日本が味わった存亡の危機、20世紀の敗戦後と肩を並べる状況になる可能性がある。シンガポール紙「聯合早報」が23日付で伝えた。

 ▼政治的影響:政治的合意に達するか否か

 短期的には日本の政治的危機は免れるだろう。3月初め、特に前原誠司外相が辞任後、日本の主流メディアは菅直人政権が3月には解散すると予測していたが、突如襲ってきた災害でなんとか息を伸ばした。日本政府の今回の対応は、阪神淡路大震災のときよりも迅速だったことから、現内閣に対する国民の信頼度が高まった。

 ただ、長期的には、日本が政治的合意に達するか否かまだ不透明な状況にある。日本の復興にはあと数年かかるが、その後どのような日本を建設するかといった課題が再び浮上したときに、今回の災害で経験を積んだ、戦略的観点と指導力のある政治家が現れるかに日本の前途がかかっている。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古