2011年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:31 Mar 31 2011

胡錦濤主席がサルコジ仏大統領と会談、即時停戦を呼びかける

写真:両首脳

 胡錦濤国家主席は30日午後、国際通貨体制改革シンポジウムに出席するため訪中したサルコジ仏大統領と人民大会堂で会談した。

 胡主席は「中仏関係は過去1年間に新たな進展を遂げた。両国首脳は中仏包括的戦略パートナーシップの構築について重要な合意にいたり、中仏関係を新たな発展段階へと押し上げた。今年は中仏関係の発展にとって重要な年だ。双方はハイレベルおよび各レベルの交流の流れを維持し、対話やコミュニケーションを強化し、戦略的相互信頼を深め、互いの重大な関心事を尊重し、配慮すべきだ。また、経済、航空、宇宙など伝統的分野での協力を深め、新エネルギー、新材料、循環型経済など新興産業の協力の開拓に力を入れるべきだ。特に原子力の安全分野の協力で、双方向投資を拡大し、協力水準を高めるべきだ」と述べた。

 リビア情勢について胡主席は「最近、国際社会はリビア情勢に強く注目し、中国も深い懸念を表明している。安保理がリビア情勢に関する決議を採択したのは、暴力を止めさせ、市民を守ることが目的だ。軍事行動によって無辜の市民に災いが及び、さらに深刻な人道上の危機がもたらされるとしたら、安保理決議の本旨に反する」と指摘。「われわれは一貫して各国の独立、主権、統一、領土保全の尊重を訴え、国際問題における武力行使には賛成せずにいる。武力は問題を解決できずにさらに複雑化させるだけで、対話など平和的手段こそが問題の最終的な解決への道であることは、歴史上繰り返し証明されている」と述べた。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古