2011年4月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:54 Apr 04 2011

「文明型国家」の視点から中国政治を見る

 中国は他の国々とは異なる。このためその台頭も他の国々とは異なるインパクトをもたらした。世界の主要国の現代化の歴史を振り返ると、18-19世紀に台頭した第1波の英国やフランスの人口は数千万人、20世紀に台頭した第2波の米国や日本の人口は億人単位だった。だが今日台頭している中国の人口は10数億人に上る。これは第1波と第2波の総和を上回る。これは単なる人口の増加ではなく、異なる性質を持った国家の台頭であり、5千年の文明と近代国家の重なり合う「文明型国家」の台頭であり、新たな発展モデルの台頭なのだ。(文:張維為ジュネーブ外交国際関係大学院教授、春秋総合研究院客員研究員。人民日報海外版コラム「望海楼」より)

 中国という「文明型国家」には8つの特徴があると私は考える。これは4つの「超」と4つの「特」にまとめられる。すなわち「超大型の人口規模」「超広大な領土」「超悠久の歴史伝統」「超重厚な文化的蓄積」という4つの「超」、そしてここから派生する「独特の言語」「独特の政治」「独特の社会」「独特の経済」の4つの「特」だ。こうした特徴は本質的に言って、長い歴史的統合によって形成された「百国の和」という大きな構造の反映だ。これら全てが中国政治の独特性を定めている。

 人口、領土、歴史、文化という4大「超級要素」が中国政治の独特性を決定する。このような「文明型国家」を治めるには自らの方法を柱とするしかないためだ。中国史上のどの政権も民生の問題をうまく処理し、膨大な人口と広大な領土のもたらす特殊な試練にうまく対処しなければならなかった。さもなくば「天命」を失うからだ。非常に長い歴史の中で、中国人は独特の政治文化観も形成した。

 政権党も西側の意味における政党ではない。中国の政権党は、異なる利益集団を代表して競争し合う西側の政党とは本質的に異なる。「文明型国家」の最大の特徴は「百国の和」だ。もし政権集団が人民全体の利益ではなく一部の者の利益のみを代表するのなら、国家は混乱と分裂に陥る。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古