2011年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:08 Apr 28 2011

中国国防白書:国防費の伸びはやや鈍化

 中国国務院新聞弁公室は3月31日、2010年度国防白書を発表した。白書は▽中国は平和発展路線を揺るがず歩み、防御的な国防政策を遂行する▽国防建設と経済建設の協調的発展を推進し、小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的建設の過程で富国と強軍の統一を実現する▽対外軍事交流・協力を積極的に行い、各国との軍事的相互信頼を強化する▽国際的義務・責任を履行し、世界の平和と安定を守る----の4点を特に強調している。

 また、新時代における国防の目標と任務について▽国家の主権、安全保障、発展上の利益を守る▽社会の調和と安定を守る▽国防と軍隊の近代化を推し進める▽世界の平和と安定を守る----の4点を挙げている。

 白書によると中国の国内総生産(GDP)は08年が31兆4045億元、09年が34兆903億元。国の財政支出は08年が6兆2592億6600万元(前年比25.7%増)、09年が7兆6299億9300万元(同21.9%増)。国防費は08年が4178億7600万元(同17.5%増)、09年が4951億1000万元(同18.5%増)。近年、国防費の対GDP比は比較的安定し、財政支出に占める割合はやや減少。2010年の国防予算は5321億1500万元(同7.5%増)で、伸びはやや鈍化したとしている。

 白書は中国の国防費は人員の生活費、訓練・維持費、装備費が中心で、各々約3分の1ずつを占めると指摘。過去2年間の国防費の増加は主に(1)部隊を支える条件の改善。国の経済・社会発展や国民の生活水準の向上に合わせた、軍人の給与・手当水準の調整、教育・訓練、水道・電気・暖房など諸経費の引き上げ、後方勤務の総合整備、国境海防部隊や辺境地区部隊の勤務・訓練・生活条件の改善(2)多様な軍事任務の達成。震災対策、アデン湾とソマリア沖の護衛、洪水対策、国際救援活動など戦争以外の軍事行動予算の増額(3)中国の特色ある軍事変革の推進。調達価格や維持・修理コストの持続的上昇により、ハイテク兵器整備関連経費の適切な増額----によるものだとしている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年4月1日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古