2011年4月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:59 Apr 07 2011

リビア反体制派、NATOの作戦不足を批判

 カタールに本拠を置く衛星テレビ、アルジャジーラは6日、リビア反体制武装勢力とカダフィ側部隊がミスラタで激しい戦闘を行ったと伝えた。反体制派の報道官は、多国籍部隊の行動が積極的でないために反体制派は敗退を重ねていると指摘。反体制武装勢力のユニス指揮官も北大西洋条約機構(NATO)について「軍事行動に力を尽くしておらず、われわれは失望している」と批判。NATOがこの状況を変えない場合、「国民評議会」として国連安保理に抗議を提出する考えを強調した。だがこれに続いて、多国籍部隊や友好国から軽型武器の供与を受けたことにも言及した。

 米国防総省のモレル報道官は5日の記者会見で、米軍のリビア空爆作戦は4日夜に完了し、戦闘機が待機状態にあることを明らかにした。モレル報道官は地上部隊を展開しないことは現在も米軍にとって「指導的原則」と強調。反体制派への武器供与については未定で、現在の議論の中心は「武器以外の支援」にあると指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年4月7日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古