2011年4月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:18 Apr 12 2011

BRICS台頭の基本的動因:グローバル化と改革

 中国が14日に海南省三亜市で開催するBRICSの第3回首脳会議に各国は強い関心を寄せている。BRICSに代表される新興国台頭の基本的な動因、深層のロジックと本質、戦略的影響、将来の発展について、人民大学国際関係学院の金燦栄副院長が解説した。

 ■BRICS台頭の基本的動因
 ----グローバル化の波と国内改革の良好な相互作用

 記者:「BRICs」はゴールドマン・サックスのチーフ・エコノミストであるジム・オニール氏が提唱したものだ。こうした国々にはどのような共通項があるのか。一体どのような凝集力によって「BRIC(れんが)」はまとまって積み上げられているのか。BRICS台頭の基本的動因は何か。

 金燦栄:経済学の視点から言うと、ゴールドマン・サックスはこの4カ国に経済成長と投資回収面で巨大な潜在力があり、BRICsの概念を提唱することで注目を引き、国際資本移動を誘導できることに気づいていた。より広い視野から見ると、BRICsがもてはやされたのは4カ国に共通する特徴に由来する。第1に4カ国は地理条件、資源埋蔵、人口規模のいずれにおいても天然の大国であり、国家の繁栄や強大化を実現する動力と抱負を備えている。第2に4カ国は過去10年間に力強い経済成長を遂げ、国際的地位も著しく向上している。第3に4カ国はいずれも現行の国際体制の辺縁に属す国であり、国際ルールの制定者ではなく、標準の決定、政治的働きかけ、アジェンダの設定においていずれも弱い立場に置かれている。

 BRICsは工業化の過程にある一群の新興国の代表だが、全ての代表ではない。今年南アフリカが参加したことで、「BRICs」は「BRICS」に表記が変わった。当初の金融・金融概念から次第に枠組み化、組織化された国際政治・経済の現実へと変化している。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古