2011年4月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:02 Apr 14 2011

BRICSに「安定の錨」の役割を

 美しい海南島で4月、BRICS首脳が円卓を囲み協力の大計を協議する。私は世界経済の「安定の錨」という言葉を思い浮かべた。(「人民日報海外版」コラム「望海楼」)

 世界経済の発展の正確な観察が、新興市場国への理解、特にBRICSの発展が周辺国や世界にもたらす効果への正確な把握から切り離せないことは、積み重なる事実の示す通りだ。このはっきりした特徴を大きく取り上げた報告が最近2つ発表された。

 その1つはアジア開発銀行の年次経済報告だ。これは世界のGDPに占める南半球の国々の割合が1980年の約25%から2010年には45%に高まったこと、かつその伸びの3分の2がアジア諸国によるものであることを示している。

 もう2つは中国社会科学文献出版社の発表した「BRICS経済社会発展報告(2011)」だ。この報告は21世紀の最初の10年間、新興経済国の平均経済成長率が6%を超え、中でも中国はBRICSの中で最高の年平均10%以上を維持したことを示している。

 BRICSに代表される新興市場国の急速な台頭は、こうした国々の国内経済の一層の活発化や、BRICSまたは新興市場国相互間の経済・貿易連携の深化に止まるものではない。実はBRICSの発展が備える最も突出した特徴とは、その経済的影響力が地域内でかつてない波及力を形成し、地域経済の発展を効果的に促進していることだ。特に域内の新興市場国間に連動効果を形成している。この働きが最も顕著なのが中国だ。中国経済はすでに東南アジアを中心に周辺国の経済成長を牽引する重要な原動力となっている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古