2011年6月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:47 Jun 24 2011

BRICS首脳会議が海南省三亜市で開催

重要な演説を行う胡主席

 第3回BRICS首脳会議が14日、「未来の展望、繁栄の享受」をテーマに海南省三亜市で開催され、中国の胡錦濤国家主席、ブラジルのルセフ大統領、ロシアのメドベージェフ大統領、インドのシン首相、南アフリカのズマ大統領が出席した。

 胡錦濤主席は「未来の展望、繁栄の享受」と題する重要な演説を発表。「21世紀は第2の10年間に入った。過去10年間に世界は大きな発展、大きな変革、大きな調整を経験し、平和?発展?協力という時代の潮流がさらに強くなった。世界の多極化、経済のグローバル化が深く進行し、世界経済のガバナンスに新たな変革が生じ、科学技術革新はあらたなブレークスルーを孕み、新興市場国の協力は盛んに発展し、世界各国は貴重な発展の好機を迎えている。一方、世界の永続的平和、共同繁栄の実現にはまだ長い道のりが必要だ」と述べた。

 胡主席は「21世紀の第2の10年間が始まるこの歴史的時期にあたって、われわれには共に考える必要のある重要な問題が1つある。どのようにして人類に平和で安寧な、繁栄を享受する21世紀をもたらすことができるかだ」と強調し、次の4点を挙げた。

 (1)世界の平和?安定を全力で守る。国連憲章の趣旨と原則を恪守し、平和維持、平和構築における国連および国連安保理の中心的役割を十分に発揮する。対話や協議を通じた平和的方法による国際紛争の解決を堅持する。

 (2)各国の共同発展を全力で促す。引き続き発展途上国の発展促進に尽力し、世界経済の回復と発展を促すべきだ。公平かつ有効なグローバル発展システムを構築し、国連ミレニアム開発目標を全面的に実行するべきだ。「共通だが差異ある責任」の原則を堅持し、気候変動というグローバルな試練への対応で協力すべきだ。互恵協力、多元的発展、協同保障の原則に基づき、エネルギーの安全を共同で守るべきだ。公平で公正、包含的で秩序ある国際通貨?金融システムを構築し、新興市場国や途上国の発言権や代表性を強化すべきだ。公正で合理的な国際自由貿易システムを構築し、さまざまな形式の保護主義に反対し、ドーハ?ラウンドの目標の早期実現を促すべきだ。

 (3)国際交流?協力を全力で促す。国連、G20、BRICSなど各レベルの多国間協力枠組みを十分に活用し、実務的?効果的な協力を行うべきだ。国連は国際問題において常に中心的役割を果たすべきだ。BRICSを代表とする新興市場国協力枠組みはグローバル経済協力の新たなモデル、多国間主義の重要な実践であり、新興市場国協力の促進において引き続き積極的な役割を発揮することができる。

 (4)BRICSの共同発展パートナーシップを全力で強化する。

 胡主席は「中国の発展は世界の発展の一部であり、中国のより良い発展は、世界へのより大きな貢献となる。発展がより持続し、社会がより調和し、制度がより整い、対外的により開放された中国は、13億中国人民の幸福の増進に寄与し、世界の平和?発展にも間違いなく一層の貢献を果たす」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年4月15日

各国首脳との記念写真
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古