2011年4月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:37 Apr 20 2011

石原氏が都知事に再選 昔に及ばぬ日本のエリート

 ◆石原慎太郎氏が東京都知事に4度目再選

 菅直人首相の震災対応に対する国民の評価が下されるといわれた日本の統一地方選挙----。結果は最も注目を集めた東京都知事選で、石原慎太郎氏が4度目の再選を果たした。

 4年前に3度目の再選を果たした石原氏は次は立候補しない意向を示していたが、今回の選挙で78歳の石原氏はものの1分で決着をつけ、圧倒的な強さを見せつけた。

 東北を襲った巨大地震について、「日本人の『我欲』に対する『天罰』だ。津波がそれを一掃した」という石原氏の天罰論に、日本全国から激怒の声があがった。

 ところが、2位の候補者と100万票の差をつけて当選したところをみると、日本の国民は彼に対する自信を失ったわけではなさそうだ。菅首相の災害対応のまずさも直接選挙の結果に影響し、石原氏の再選を許すことになった。

 石原氏の評価は日本国内で両極端に分かれる。教育、環境、税制などの改革には辛手で、その手段も強硬だが、東京都民の心の問題に関しては、特に青少年の心のケアに力を入れ、高い評価を得ている。

 英インデペンデント紙によると、原子力支持派の石原氏は、日本は1年以内に核兵器を開発できるとし、世界で唯一原子爆弾の被害に遭った国が核兵器を持つことで、中国やロシアなどの周辺国に対抗できると指摘している。石原氏の4回目の再選で菅内閣は危機的状況に陥り、中日関係にも新たな影を落とす可能性がある。

 ◆着実な成果で都民が支持

 78歳の作家で画家でもあり、毒舌を吐くことで知られる石原氏がなぜ、東京都民から支持され続けているのか?海外メディアが彼の毒舌に注目し、人々の怒りを呼んでいるのはわかるが、彼は毒舌だけで東京都を治めているわけではない。税制改革、教育改革、市政の進歩など非常に具体的な対策によって東京を統括している。特に、東京の青少年の心の問題への対応で提案した治療法は多くの人々から称賛を得ている。

 日本の若い世代は国や民族の概念がなく、温室で育ったため居心地のいい環境に慣れてしまい、一旦危機的な状況になるとすぐにパニックを起こしてしまうことを、石原氏だけでなく、日本の古い世代は非常に懸念している。石原氏のこうした実際の努力は人々の支持を得ている。日本に大難が襲い、日本政府の無能と対応の悪さが鮮明になったことから、菅政権の不満が石原氏への支持につながったといえる。

 ◆昔に及ばない日本のエリート

 石原氏は日本の古い世代のエリート精神を体現している。彼らは第二次世界大戦前に生まれ、日本の最も輝かしい時代を生き、日本を世界第二の経済大国に伸し上げるという奇跡を実現した。

 しかし古い世代のエリートはいまや勢いが衰え、大和民族が人材を輩出する時代はすでに過去のものとなった。今の日本の政治家は非常に平凡だが、それに比べて石原氏は常に毒舌を吐き、日本社会や民族に対する不満をさら出している。その多くが大和民族に対する失望だ。つまり、日本が最も耀き、最も成功した時代はすでに過ぎ去ったといえる。大和民族は逆流できない衰退を余儀なくされている。

 「中国網(チャイナネット)日本語版」2011年4月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古