2011年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:00 Apr 28 2011

F-22より大きいJ-20 そのメリットは?

 中国の第4世代ステルス戦闘機「殲(J)-20」が17日、大勢の軍事マニアが見守る中、成都飛行場付近で2回目の試験飛行を実施した。その写真がインターネット上に出回ると、J-20は米空軍の次期戦闘機「F-22」よりも大きいという憶測が海外の専門家の間で飛び交った。サイズは何を意味するのか?大きいほうがいいのか、それとも小さいほうがいいのか?新華社が発行する雑誌「世界軍事」の編集長で軍事問題に詳しい陳虎氏に解読してもらった。

 ◆作戦能力が高い大型機

 戦闘機のサイズが大きく、重量があるほど、より多くの燃料や弾薬が搭載できる上、機内の空間が広いため、先進的で巨大な電子設備を十分に積むことが可能となる。

 と同時に、第4世代機の最大の特徴はレーダーから探知されにくいステルス性で、その主な作戦任務は空中戦闘ではなく、対地攻撃とされている。例えば、米国人の説明によると、米国の第4世代機F-22、F-35は主に、隙間のない防空火力網を突破し、防空システムの隙をつく任務にあたり、それに続いて技術性能がより低い航空機が広い範囲で作戦攻撃を展開するのだとしている。

 そうした意味からも、第4世代機は対地攻撃性が注目されており、搭載弾量、搭載燃料量、長距離飛行が相当重要な指標となるため、機体が大きいほどメリットが高い。

 ◆ステルス作戦に強い大型機

 第4世代ステルス機は別の要素も考慮しなければならない。それが、武器の吊り下げ方式だ。従来の翼下で吊り下げる方法だと、ステルス性能が失われることになる。そのためステルス作戦においては、機体だけでなく、吊り下げた武器もレーダーに探知されないようにしなければならない。機内弾薬庫に吊るすしかないが、そうすると武器の大きさを制約してしまう。こうした角度から見ると、機体のサイズが大きい場合、機内の弾薬庫が広くなり、より重く、射程距離の長い武器を積むことができ、高い価値、威力のある空母などの目標を遠隔攻撃するのに大いに役立つ。

 ◆大型機の欠点

 とはいえ、大型機にも大きな問題と欠点がある。コストがかかり、研究開発・生産が技術的に難しいことだ。

 例えば、米F-22の航空戦での離陸重量は27トン、エンジンには推力が約16トンのジェットエンジン2台を使用している。F-22よりも大きい第4世代機で、同じような作戦性能を求める場合、エンジンがそれより小さいわけがない。エンジンの開発が大きなネックとなるのだ。

 また商業的な輸出の角度から見ると、軽い小型の航空機だとコストが安く、技術レベルが低いため、価格が安く、輸出市場でメイン製品となる可能性が高い。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年4月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古