2011年4月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:30 Apr 26 2011

日本の統一地方選、後半戦も民主敗北

 日本の統一地方選後半戦の投票結果が25日未明までに一部明らかになった。与党・民主党は最大野党・自民党と対決した9市区長選で3勝6敗と負け越した。

 投票は24日午前から行われ、市長、町長、村長、市・町・村議会議員、および東京の一部区長と区議会議員が選出された。民主党は自民党と対決した10市区長選で、翌日開票の東京都江東区を除くと、三重県津市、大分県大分市、茨城県取手市を制したほかは、東京都稲城市、台東区、練馬区など6市区で敗れた。

 統一地方選前半戦は10日午前から投票が行われ、12都道県知事および41道府県議会議員が選出された。民主党は東京都、北海道、三重県の知事選で自民党に敗れ、地方議会選挙でも惨敗した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年4月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古