2011年4月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:04 Apr 26 2011

日本は一体どれだけの核を保有しているのか?

 巨大地震・津波による原発危機が依然として世界の注目を集めている。1954年に原子力計画をスタートして以来、60年近くの発展を経て、日本は原子力発電の超大国となり、原子炉で大量の使用済み燃料を生んできた。潜在的な核兵器の開発も軽視できない。

 ◆意気盛んに原発計画

 原子力発電の設備容量が世界第三位を誇る日本は、資源が乏しく、原子力エネルギーを早くから視野に入れてきた。1954年、日本政府は2億3000万元を投資して原子力エネルギー研究計画を始動。その後、原子力エネルギーに係る法律や組織を整備し、原子力委員会、原子力研究所、核燃料グループなどを設立した。

 今世紀に入り、日本が原子力エネルギーを重視する姿勢はより強まり、原子力エネルギー開発を温室効果ガス削減の主な手段としてきた。08年、日本は2050年までに二酸化炭素の排出量を54%削減、2100年までには90%削減すると発表。この目標実現に向け、原子力エネルギーを最も重要なエネルギーとし、2011年までに60%のエネルギーをこれでまかなうとされた。これは、温室効果ガス削減の半分を原子力エネルギーが担うことを意味する。日本には運転中の原子炉が54あり、米国とフランスに次いで3番目に多い。

 原子力発電は日本の全国の電力の30%を占めている。日本の経済産業省は06年、「原子力国」を目指し、2030年までに原発の割合を30~40%に高める「国家エネルギー新政策」を打ち出した。2010年3月21日に発表された「エネルギー基本計画修正案」(草案)では、2020年までに新たに8つ、2030年までにさらに6つの原子力発電所を建設するとともに、2020年に設備の利用率を現在の60%から85%に高め、2030年にはこの比率をさらに引き上げ、世界最高の利用率を実現する方針が打ち出された。

 ◆日本が保有するプルトニウムで原子爆弾5000個が製造可能

 多くの原子炉を運転するため、日本のプルトニウム(一種の放射性元素で、原子力エネルギー工業の重要な原料となる。核燃料や核兵器の核分裂剤でもある)備蓄量は年々増加している。07年にはプルトニウムの備蓄量は45トンに達した。民間で使われている世界のプルトニウム230トンの5分の1を占めている。日本が保有するプルトニウムで5000個の長崎に落とされたような原子爆弾が製造できる。

 日本のプルトニウムの在庫は2020年までに145トンに達し、米国の核兵器庫のプルトニウムの量を上回ると05年にある専門家が予測している。現在、核兵器を持たない国の中で日本だけが使用済み燃料の分離を行っている。

 日本ではずっと核兵器の開発を促す声が政治家や官僚の中にある。元首相の大平正芳氏と中曽根康弘氏はそれぞれ1979年と1984年に日本の平和憲法は自衛のための必要最小限度を超えない範囲内にとどまる限り、核兵器保有を禁ずるものではないと発言した。西村真悟元防衛政務次官はさらに露骨に、「核とは『抑止力』なんですよ。強姦してもなんにも罰せられんのやったら、俺らみんな強姦魔になってるやん」と話した。2011年3月8日、東京都知事で保守派の政治家、石原慎太郎氏は英インディペンデント紙の取材に、日本は1年以内に核兵器を製造することができる。「現実には外交交渉力は核兵器を意味する」と発言した。日本のようなプルトニウムを大量に保有している国からのこうした声に憂慮せずにはいられない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年4月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古