2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:30 Aug 01 2011

福島原発事故:嘘の悪循環

 1つ嘘をつくと、それを隠すためにもう1つ別の嘘が必要になるとよく言われる。嘘をつけば、追及を受ける中で悪循環に陥るのがおちだ。福島第1原発事故において日本は、する事なす事が、すでに嘘の循環に陥っている。人民日報海外版が伝えた。

 香港メディアによると、早くも事故発生当初、冷却系統故障の発表を受けて米国が空軍による冷却剤の緊急輸送を申し入れたが、日本側は事故はまだ深刻でないとして遠回しに断り、これが爆発につながった。

 一部の学者は早くから事故の深刻性を指摘していたが、日本政府は過小評価的な処理を続けた。事故評価を4から7に引き上げるまでに、なんと1カ月もかかっている。

 東京電力は、通常の1000万倍という極めて高濃度の放射性物質の検出を発表した後、数字に誤りがあったとして10万倍に訂正した。一流の原発技術を持つ企業が100倍もの誤りを犯すなど、いかにも下手な芝居を演じたものである。

 1万トンもの放射性汚水を太平洋に放出しておきながら、なんと北東アジア地域の隣国には事前通知せず、米国に声をかけただけだった。隣国に対する日本の情報隠蔽は道徳的にも外交的にも受け入れられないレベルに達している。さらには事前通知していたとまで言い出すありさまだ。

 様々な形跡は、日本が国際社会に何を隠していたのかを示している。ネットでは、背後には核兵器の秘密開発という驚くべき日本の陰謀があるとの推測も流れている。その正否はさしあたって論じないが、日本は嘘の循環に陥っている。

 嘘に嘘を重ねれば、何かしらぼろがでるものだ。ニクソン元米大統領のウォーターゲート事件に関する本を先日読んだ。当初は野党の選挙状況の盗聴を試みたのだが、これが発覚するとなんとしてでもぼろを隠そうと嘘に嘘を重ね、最後は自らの前途を葬り去る結果となった。ただニクソンの尊敬できる点は、最終的には自らの過ちを認め、真相を明らかにして、人々から敬意を勝ち取った点だ。

 一方、日本はまだ隠蔽を続けている。こうした集団的嘘はトヨタやホンダの事件(製品の欠陥の隠蔽)でも見られた。そして今、国際社会に対する政府の約束においてもこれが「華々しく登場」している。意外なことに、日本はこの集団的嘘の結果として、自らが戦後数十年かけてようやく築いた国家イメージががた落ちし、政府の信頼性に大きな疑問が投げかけられることに気づいていないのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年4月26日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古