2011年4月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Apr 27 2011

中日専門家:福島核危機で「漏れた」ものは何か? (3)

 記者:東京電力は4日夜から低放射性汚水を海に放出し始めた。周辺地域はこれを強く非難したが、菅首相は16日と17日に米国の3大メディアに原発事故への「遺憾」の意を表しただけだったため、中国、ロシア、韓国は強烈な不満を抱き、元々敏感だった東アジア情勢がさらに緊張する結果となった。これをどう評価するか。

 劉:日本は一貫して「同盟国優先」の外交原則を遂行し、2国間関係においては米国との同盟を優先的に考慮すると主張してきた。だが日本政府は世界各地から支援を受けた。国際社会に対して速やかに、偏りのない同等の感謝を表明すべきだ。対内的には「震災対策、民生第一」を中心に政策を定め、被災者を安心させるべきだ。(人民日報海外版)(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年4月27日

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古