2011年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:50 Apr 28 2011

海外メディア、J-20の2度目の試験飛行と空母建造に注目

J-20の2度目の試験飛行

 ◆英メディア:中国は米戦闘機から技術を獲得?

 中国が最近、新型ステルス機の2回目の試験飛行を実施したことを、英紙デイリー・メールの電子版が19日付で伝えた。四川省成都の飛行機設計研究所の空港で殲(J)-20原型機の試験飛行を数十人の観衆が目撃した。現場を訪れた観衆によると、J-20が両翼を揺らして観衆にあいさつしながら飛行して行った時、観衆から拍手喝さいがあがったという。

 中国国防部はJ-20の試験飛行についてまだ評価を示していない。今回の試験飛行で、急成長する中国という超大国と米国との軍事力の差が縮まった。

 米国はかつて、中国にはまだ数年でステルスを開発する力はなく、F-22の生産も最近は制約を受けていると発表した。しかしJ-20の試験飛行成功のほか、中国が航空母艦やミサイルシステムを開発中だという報道は、中国の軍事力が高まりつつあることを証明した。

 中国のステルス機の開発はずっと秘密裏に行われてきた。中国は墜落した米戦闘機から関連技術を獲得したという報道も伝えられている。軍部の幹部によると、中国は1999年にセルビアで墜落した米ステルス機F-117からステルス機の開発技術を獲得した可能性があるという。

 ◆インドメディア:「海南」は沈没しない空母

 インドのヒンドゥスタンタイムズ紙の電子版は20日、ゴルフ場が多い海南省三亜で、中国の企業家らが「財産を守ってくれる原子力潜水艦がある」と冗談を言っていると伝えた。今夏、中国初の航空母艦がこの南部の海岸で戦艦の陣列に加わる。

 成都ではJ-20が2回目の試験飛行を行った。南部の空軍と海軍の迅速な近代化について、中国の態度は否定と公開の間をさまよっている。二桁の国防費の増加に人々の不安は募っている。

 北京は今、海外からの軍事力への注目をかわした後、曖昧な表現で低調に処理するなど新しい方法で対処している。この策略に中国の周辺国や米国が警戒し、南中国海及び諸島の「争うことのできない主権」を主張することで何を暗示しているのか様々な憶測をしている。

 大連で改修中の中国の空母「ワリヤーグ」の公式写真がメディアで発表後、数日とたたないうちにJ-20試験飛行の情報が軍事サイトで瞬く間に広がった。

 ホノルルの中国問題に詳しい専門家、モハン・マリク氏は、「海南は現在、中国の南中国海における沈没しない航空母艦とみなされている。ここは中国が建造中の空母の船籍港にもできる。三亜は最大の潜水艦建設基地で、インド洋の海上ルートを守るという戦略的に重要な役割も発揮する」と語る。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年4月27日

改修中の空母「ワリヤーグ」
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古