2011年4月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:43 Apr 29 2011

中国メディア「日本は中国脅威論を持ち出すな」

 日本メディアの報道によると、日本の防衛省のシンクタンク「防衛研究センター」が、中国の軍事的な動向を分析した「中国安全保障報告」を初めて発表した。報告の中で、経済発展による国家利益の拡大が、中国が軍事力を強化する背景となっていると指摘するとともに、周辺諸国の憂慮を解消することに努力すべきだと、中国に求めた。報告はまた、今後日本と中国間は不測の事態が起きる可能性があるということを明らかにした。

 中国の『世界新聞報』が26日に発表した評論で、「日本は、またお定まりの『中国脅威論』を持ち出すべきではない。中日両国はアジア最大の2つの経済大国として、平和ならどちらも利益になるが、争えば共倒れになる。日本の大地震と放射能もれの被災後、日本の一部の勢力は再び『中国脅威論』を言いふらしている。それに対し、両国の国民は警戒すべきだ。中日関係が悪化したら、最も先に最も厳重な影響を受けるのは、日本の戦略的利益だ」と強調した。

 また、「ここ数年、中国の軍事費は徐々に増え、日本を超えるまでになった。しかし、中国の経済は去年日本を超えたが、人口は日本の10倍、領土面積は日本の26倍あり、周辺にある国家も日本よりすいぶん多く、周辺環境が複雑だ。そのため、世界各国の基本常識を持つ人々は、中国の軍事費が日本を超えるのは正常なことだと理解している。また、国の軍事力が他国に対して脅威となるかどうかは、軍事力の強弱にあるのではなく、その国家が信奉している政策にかかっている」と明らかにした。

 「中国国際放送局 日本語部」  2011年4月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古