2011年5月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:42 May 05 2011

「下士官総理」、6月には退陣か? (2)

 総裁の人選はこだわって行われる。自分より背が低く、能力も自分より上ではいけない。菅総理は、給料だけもらって何もしない官僚をずっと見下してきた。また、前の政権に関係がある学者や専門家も目の上のこぶだった。そのため、首相官邸に出入りしているのは、名のない大学教授や一般の評論家たちだ。「権威反対」を大義名分に掲げていた日本は、政治家が独自の意見や見解を持つに至ったが、大地震や原発事故には、有名校の教授でなければ国民を説得することはできない。

 菅総理の周囲の人たちを見てみると、頭でっかちが多い。普段は話が非常にうまいが、実際には役に立たない、実際に使ってみると問題になる有様だ。震災復興支援、原発事故処理にあたっては、前線で命の危険を冒して奮闘しているにもかかわらず、対応が遅れ、事態の悪化を招くことになった。

 4年に1度の地方統一選挙が4月25日に終了した。結果は民主党の惨敗。国民は2年前に自ら選んだ民主党を見捨てたのだ。

 今年4月からの新年度予算が日本の国会で採択された。すべての予算関連法案を6月までに成立させる必要がある。でなければ、日本の国会もオバマ政権と同じように閉会の危機にさらされる。「6月が過ぎれば、菅総理は首相官邸に居座る必要はなくなる」と中央政府の官僚は語る。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年5月4日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古