2011年5月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:19 May 05 2011

日本の青少年の半数が武力放棄の継続に賛成

自衛隊は現状維持

 日本の「憲法記念日」にあたる3日、日本各地で憲法普及関連活動が催された。愛知県平和委員会は名古屋市内で青少年119人を対象に街頭アンケートを行った。武力放棄の継続に賛成した青少年は5割を超え、「自衛隊は現状維持」の意見は6割に急増した。「環球網」が伝えた。

 中日新聞によると、回答者119人の中には10数歳の小学生も含まれる。「憲法9条2項は変えず、自衛隊は現状維持」との意見は63%に達した。

 憲法改正の是非については、半数近くが「わからない」と答えた。「武力行使の放棄」という現状を維持すべきとの意見は54.6%で、「日本は武力を行使しないことを世界に誇れるから」との理由が挙げられた。

 また多くの青少年が今後の生活への不安を表明。東日本大震災と原発事故の影響は現在も続いているが、「今までの生活に慣れすぎている」との声が多く、今後の日本の変化への「抵抗感」が少なからず浮かんだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年5月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古