2011年5月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:45 May 05 2011

「モグラたたき的」菅政権、まさにモグラそのもの

小佐古敏荘氏

 「専門家の間の見解の相違で辞任した。大変残念だ。我々は決して場当たり的な対応はしていない。」菅直人首相は衆院予算委員会で、東京大学放射線安全学教授、小佐古敏荘氏の辞任に対し、このように述べた。台湾紙「中国時報」が3日伝えた。

 小佐古教授は東京大学で教授を務める放射能の専門家で、東日本大地震発生から5日後、原発事故の助言を政権に求められて内閣官房参与に就任した。しかし、わずか1カ月あまりで、この放射能専門家は涙ながらに辞任すると発表した。

 小佐古教授は辞任記者会見で、原発事故に対する政府の対応について、「その場限りの対応で事態収束を遅らせている」と非難した。そして、「もぐらたたき的、場当たり的な政策決定を官邸と行政機関が取り、手続きを無視している」と指摘した。

 小佐古教授の辞任は、混乱の続く菅内閣に更なる打撃を与えた。首相のブレーンである人物がこのような時期に非難を行ったため、菅直人も必死で反論するほかなかった。小佐古教授は菅首相の推薦により入閣した。しかし、その小佐古教授は就任まもなく辞任し、また、去り際に爆弾を落としたとなれば、菅直人にとって相当の痛手だったに違いない。

 菅直人は実際極めて苦しい立場に置かれている。民主党は4月の統一地方選挙で敗北したが、政党のイメージを大きく崩しただけでなく、菅直人の執政能力の危うさを露わにしてしまった。菅直人の執政に対する異論が相次いだだけでなく、訴訟の最中にある小澤一郎も何やら動きを見せ始めたという。

 復興対策に対する世論の不満が高まるにつれ、党内でも打倒菅政権の勢力が集まり始めた。最近結成されたばかりの「震災に対応できる連立政権に向けた総調和の会」は、鳩山、小澤両巨頭の支持もあり、打倒菅政権を指揮する主管グループとなった。

 復興対策で対応のまずさを見せる菅直人は、辞任を求める声に対し、強気な姿勢を見せている。菅直人は、「退陣は責任放棄だ。首相を辞任することはあり得ない」と述べた。菅直人は自身の対応が国民から一定の評価を得ているとし、「権力に執着するのではなく、やるべきことを責任を持ってする」と今後も執政を続ける姿勢を明らかにしている。
 
 現在の状況はモグラたたきに似ている。世間は動揺し、日本の政界は打倒菅政権の流れが出来上がっている。ハンマーを持った菅直人は、この厳しい状況の中、うまくモグラを叩いていけるのだろうか?

 小佐古教授は官邸はもぐらたたき的な政策決定を取ったと述べた。しかし、角度を変えてみれば、菅直人の境遇はモグラそのものだといえる。菅直人はモグラたたきのプレーヤーではなく、叩かれるモグラのほうではないだろうか。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年5月4日

資料写真:岩手県陸前高田市の被災地を視察に行く菅直人首相(4月2日)
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古