2011年5月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:57 May 05 2011

突然のビンラディン殺害、対テロの新たな目標を慌てて探す米国

 ビンラディンの死は米国にとって、10年間にわたる大戦の終結を意味するものではないが、1つの時代の終結とは言える。中国青年報が伝えた。

 ■ビンラディンなき後、次の標的は誰か

 今世紀初めの衝撃的な米同時多発テロは、過去10年間の米国の戦略的関心および内外政策を一挙に変えた。10年間遠征を繰り広げ、至る所に敵を作り、数千人の兵を失い、5000億ドルを費やした。米国の対テロ戦争は突然、まずまずの「修了証」を手に入れた。

 まさに長年待ち望んでいたものが突然訪れたがゆえに、ビンラディンの死は心身共に対テロ大戦の高まりにあった米国人を不意に、振り上げていた拳の下ろしどころがわからなくなったような感覚に陥れた。

 国際イスラムテロリズムの最大の象徴が米海軍特殊部隊シールズに抹殺された。これはアルカイダおよび各地のテロネットワークにとって何を意味するだろうか。米国の対テロ戦略、ひいてはグローバル戦略の重心の調整にとって何を意味するだろうか。「ポスト・ビンラディン時代」のテロとの戦いは何を標的にすべきなのか。すでにこれほど大規模化した対テロ戦争はいつ、どのようにして終結すべきなのか。様々な原則的問題、技術的問題が突然浮上した。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古