2011年5月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:37 May 12 2011

台湾軍、対艦ミサイル大量配備 大陸の空母に対抗

資料写真

 人民解放軍の航空母艦を含む大型艦に対抗するため、台湾軍は「空母キラー」といわれる超音速対艦ミサイル「雄風3型」の大量配備を進めている。同ミサイルはひとまず戦艦15隻に装着し、将来的には海岸に「雄風3型」発射装置を設置する予定。台湾紙「聯合報」が伝えた。

 国民党「立法委員会」の林郁方氏によれば、雄風3型ミサイルと大陸沿海を攻撃する「雄風2E型」ミサイルの大量生産は、馬政権が兵力で対抗しようとしていることを表している。馬「総統」は台湾海軍に、最強の戦力を誇るキッド級駆逐艦(9000トン)への雄風3型ミサイル装着を検討するよう指示した。しかし、「依然として最も有力な武器は潜水艦」だと林氏は強調し、(潜水艦保有は)いくら困難でも努力を続けなければならないとした。

 国民党の政策委員で台湾軍退役中将の蘭寧利氏も、水面下の兵力建設を主張する。「米軍でさえ次世代ディーゼル潜水艦を嫌っている。人民解放軍の対艦能力など米軍には遠く及ばない。しかし、空母で攻撃を仕掛けられると通常目標まで250海里以上あるため、海岸に配備した雄風3型ミサイルは届かない」と語る。

 冷戦時代に旧ソ連海軍が劣勢な中、一発命中すれば大きな被害が出る、長距離超音速ミサイルの開発に力を入れた例をあげ、人民解放軍の空母など大型艦に対して雄風3型ミサイルはそれでも役に立つと台湾の専門家は話す。

 雄風3型ミサイルは07年に初めて公開。大量生産に入ると、第一段階で120発が製造され、台湾海軍は成功級フリゲート(4000トン級)8隻、錦江級巡視艦(500トン級)7隻に各4発ずつ同ミサイルを装着した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年5月11日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古