2011年5月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:42 May 13 2011

日本外相:中日間に迅速な連絡の可能な危機管理メカニズムの構築を

 松本剛明外相は「タカ派」と呼ばれていた前原誠司前外相が外国人からの政治献金問題で3月6日に辞任を表明したことで、急遽副外相からの昇格が決まった。菅内閣での閣僚の中途任命は4人目だった。松本外相は民主党の新世代の政治家で、日本国内では「国会の理性派」と評されている。「環球時報」はこのほど松本外相に書面による単独インタビューを行った。


 中日間に迅速な連絡の可能な危機管理メカニズムの構築を

 ----大臣は東日本大震災前夜に就任された。当初、日本の対中政策をどうご覧になっていたか。地震はこれに影響を及ぼしたか。

 私は3月9日に外務大臣就任を拝命した。私は貴国は一衣帯水の重要な隣国であり、日中関係は日中両国のみならず、地域および国際社会にとっても重要だと考えている。わが国は大局に立ち、様々な分野で貴国との具体的協力を推進することで、戦略的互恵関係を拡充している。私の大臣就任から2日後に東日本大震災が発生した。地震発生後、胡錦濤主席は日本大使館を訪れて弔意を表し、温家宝総理や楊潔チ外相など貴国政府閣僚および多くの国民が次々に見舞いの意を表してくれた。

 このほか、貴国は国際救援隊を派遣し、救援物資を提供してくれたほか、民間からも多額の義援金が寄せられた。このことで私は日中の長年の友好関係を改めて思い起こした。ここに私は日本政府と日本国民を代表して心からの感謝の意を表す。特に津波で甚大な被害を受けた岩手県大船渡市で、貴国の救援隊は降雪と厳寒の中、連日全力を尽くして捜索・救援活動にあたった。ここに私は救援隊員の一人一人に心からの敬意を表したい。私たちは貴国の心温まる援助と多くの激励を銘記する。さらに戦略的互恵関係を拡充し、双方の国民感情を改善するため、次の3つの面で取り組み、具体的成果をしっかりと積み重ねていく。第1に防災、原子力の安全、環境分野の協力。第2に東中国海を「平和・協力・友好の海」にするための共同努力。第3に人的・文化交流の一層の強化だ。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古