2011年5月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:18 May 17 2011

ロシア「南クリル諸島訪問への日本の抗議は不適切」

 ロシア外務省は16日、「南クリル諸島(日本名:北方四島)に対するロシアの主権は国際法上議論の余地のない根拠を有す。ロシア政府代表団による先日の当該島訪問を『遺憾』とする日本の行動は不適切だ」とする声明を発表した。「中国新聞網」が伝えた。

 声明はさらに「南クリル諸島の帰属に疑義を呈す試みを続けるのは、ロ日関係の建設的雰囲気の維持に寄与しない。こうした建設的雰囲気は両国の利益の将来の発展にとって非常に必要なものだ」としている。

 日本の松本剛明外相はロシアのイワノフ副首相が15日に政府代表団を率いて北方四島を視察したことについて、16日午前にロシアの駐日大使を呼んで抗議した。日本側の抗議に対してイワノフ副首相は「実務訪問であり、誰も怒らせていない。南クリル諸島経済・社会発展計画(07-15年)の進捗状況を視察しただけで、南クリル諸島に住むロシア国民にロシアから排除されたように感じさせないことが目的だ」と主張した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年5月17日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古