2011年5月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:09 May 17 2011

米軍、最新鋭無人爆撃機X-47Bを東アジアに配備へ

X-47B

 米第7艦隊のバーズカク司令官はこのほどAP通信の取材に、現在開発中の空母搭載型無人爆撃機「X-47B」が同艦隊にとって「切り札」になると明かした。

 X-47Bは今年初めに初飛行に成功。今後さらに多くの試験飛行が予定されている。米国防総省は空母からの発艦・着艦が可能な同機によって、航空戦闘力が効果的に高まるとしている。

 米軍は現在、陸上配備型の無人機を大量に配備しており、アフガニスタンやイラクの戦場にも投入している。今後、東アジア地域に展開する空母にも新型無人機を配備することで、強化され続ける潜在的敵の軍事力を抑制するともに、作戦半径を広げ、偵察や迅速な対応の能力を強化する計画だ。現在の艦載機の作戦半径は900キロに過ぎない。

 米第7艦隊は日本の横浜に駐屯。空母「ジョージ・ワシントン」、各種軍艦60隻、水兵および海兵隊約4万人を擁す。X-47Bは作戦半径が3000キロ近くに及び、どの空母からも発艦・着艦が可能な上、50-100時間の連続飛行が可能。このため空母は敵の対艦弾道ミサイルの射程(約1500キロ)外から作戦を遂行できる。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年5月17日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古